二輪車リサイクルやグッドライダー・防犯登録など二輪車お役立ち情報満載です!
「グッドライダー・防犯登録あれこれ」

 9月1日は防災の日です。大正12年(1923年)9月1日、関東地方に未曾有の大災害をもたらした関東大震災を教訓に、当時の建設省(現・国土交通省)が制定しました。今回は、平成7年(1995年)に発生した阪神淡路大震災を機に山梨で結成されたバイクの災害救助活動隊「救援バイク V・S(ボランティア・サービス)やまなし」に関する情報を提供します。

1)救援バイクV・Sやまなしとは?
2)上杉健委員長にインタビュー
3)参加を希望される方は…
4)各種リンク

(2005年11月に開催された「秋の走行訓練」の模様はこちら!)

「1.グッドライダー・防犯登録とは?  山梨県軽自動車協会 グッドライダー・防犯登録あれこれ 


「救援バイク V・S(ボランティア・サービス)やまなし」とは、平成8年(1996年)に日本赤十字社山梨県支部と二輪車安全普及協会が中心となって発足した特殊奉仕団です。
  結成前年に発生した阪神淡路大震災において、交通網や通信施設が麻痺混乱した中で、人や物資の輸送、情報の収集や伝達などに、バイクが大きな役割を果たしました。バイクは持ち前の機動性・走破性・省スペース性・省エネ性などの機能をフルに発揮し、被災時にも確実な交通手段としてその有用性が再認識されました。それをふまえ、このようなバイクの優れた特性を活かして、今後いつ起こるとも知れない災害に対して効果的に救援活動が出来る体制が必要と考え、
結成に至りました。

グッドライダー 防犯登録の仕組み 山梨県軽自動車協会
▲1996年7月30日に行われた結成式 山梨県勤労青年センターにて

 

「2.グッドライダー・防犯登録に加入 山梨県軽自動車協会 グッドライダー・防犯登録あれこれ
結成されて9年、先日は新潟に出動されましたね
上杉さん  ええ、昨年の10月30日~11月2日にかけまして2名を派遣いたしました。赤十字の方から連絡が入りましたのが29日の夕方で「出発は明日の4時です」(笑)。いくらボランティアと申しましても、基本的には皆さん社会人ですので事情が許せる人というのは少ないですよね。それでも2名が参加したことは本当にありがたいことだと思います。今回はバイクでの出動ではなく、トラックにてベッドや毛布など数千単位で輸送してきました。

▲今回はトラックでの輸送でした ▲ひび割れた道を進みます
▲非難物資を体育館などに輸送 ▲地震の爪あとはすさまじい


 基本として、私たちは「日本赤十字社の奉仕団」という性格を持っています。日赤の傘下で動く、ということがもっとも効率良く、機能的に行動できるであろうと。 実は地震が起きたのが10月23日ですから1週間過ぎた後の出動要請でした。「行かないのですか?」とメンバーから声をかけられました。私だって今すぐにでも飛んでいきたい。様々な場所からの問合せもありました。しかし、われわれは日赤の指示がないままの出動はしません。現場を混乱させ、統制が取れなくなり、逆に迷惑を掛けることになってしまっては本末転倒ですから。
…なるほど。メンバーの皆さんの構成はどのような感じなのでしょうか?
上杉さん  老若男女、仕事も経歴も本当に千差万別な方々140名程で構成しています。その道のプロの方が多数参加していらっしゃいますので面白いですよ。調理師の方が「現場にいってこれだけの材料しかなくても、こうすればおいしい料理を作ることができる」と力説したり、工務店の方が「みんなはバールの使い方なんて知らないと思うけれど、あれはコツなんだ」と実際に木材などを使って教えてくれる。3分間スピーチではないですが、技能を披露し合うことで様々なノウハウが身についていくんですね。そして、その技能を次の世代にも伝えていくことも大切なことであると考えています。

 また、随時バーベキュー大会などを催しています。そうやって楽しみながら隊員同士の交流を深めていくこともまた必要なことだと考えています。
…訓練などはどのような形でやっていらっしゃいいますか?
上杉さん  当然ながらわれわれはボランティアですから、皆さん手弁当でいらっしゃいます。本当に頭が下がります。年に二回、講習会をやっています。例えば芦安の河原などですね。そういった場所で様々なバイクの技能を磨くわけです。みなさんに「モトクロスが多いんでしょ」といわれることがありますが、実は少数派なんですよ。どんなバイクでもいいんです。スピードなんて出せないですよ、現地に行けばね。


▲様々な種類のバイクが集まる訓練の模様

 そこで、あらゆる種類のバイクが集まって様々な訓練をします。オンローダーで不整地を制覇する訓練などですね。実際に必要な技術なんですよ。自分の使っている車で不整地を、ぬかるみであるとか、砂利の柔らかい場所であるとか、石の大きなものがごつごつしている場所であるとか、急な細いカーブなどを走るわけです。そういった整地にはない場所を走ることで、技能を体得しなければ現場では役に立たない。現場に行ったらコケちゃったりとかね、訓練中もいっぱいコケます(笑)。また、埋まってしまうとひとりでは中々出すことが難しいんですが、そのコツはあるわけですね。とにかく、経験をどんどん積ませることで実際にお役に立てるよう頑張っています。
…コケながら自分の力で覚えていくと
上杉さん ええ(笑)。こんなこと言っちゃアレですけど、荷物を一杯積んで、汚れてもいいような格好で覚悟を決めて行くわけです。キラキラした格好で走るのはツーリングの時だけで。カッコいいもんじゃない、どっちかといえばカッコ悪いですよ。(笑)。でも、それがボランティアでは当たり前のことだと思います。


▲厳しくも楽しい訓練に果敢にチャレンジ!
…ありがとうございました。最後に、今後の展望などをお聞かせ願えますか?
上杉さん

「V・Sやまなし」の立ち上げは正に一からの作業でした。日赤から様々な講習などを受けましたが、ことバイクに関しては専門家は誰もいないわけです。バイクに乗ったり、安全指導などはできますが、社会にどういった貢献が出来るか?という部分は手探りの状態でした。自分たちが良かれと思ってやったことが、本当に役に立ったのかどうか…といったことは現実にいくつもありますよね。そういった部分を突き詰めながら活動している内に今年で結成9年目を迎えました。アハハ、あっという間でした(笑)。

  われわれは、まだまだヒヨコのような団体です。日赤の委員長会議などに出席しますと、長く地道に活動をしていらっしゃる団体が多数あることに改めて気が付き、その努力を目の当たりにすると、本当に頭が下がります。また、われわれは日赤では日本でも初期に生まれたバイク奉仕団です。われわれの活動を通してバイク奉仕団の流れが全国に広がり、相互に補完体制が取れるようになることを願っています。



 話は変わりますが、私は、若い人たちに大いに期待しています。どの時代においても時代を切り開き、新しいことに挑戦していく心をもっています。無限の力を持っているんですよ。ですから、大人があれこれと指摘することは極力なくして、彼ら自身が自分の経験によって学び、自分の力で成長していくことが大切なことだと考えています。社会が先生ですから。苦労してでも自分で覚えなくちゃいけないことってありますよね。そういった気持ちをこのボランティア活動を通して実践していきたいと考えています。

(了)

▲レストアしたCB92の前で熱く語っていただいた上杉健委員長。県内唯一のホンダドリーム山梨を経営、現在は代表取締役を退き、後進の指導に当たっています。

 

「3.ユーザーカードの発行 登録データは警察に  山梨県軽自動車協会 グッドライダー・防犯登録あれこれ

「救援バイク V・S やまなし」に興味がある、または参加を希望する場合は以下の二輪車販売店にお問合せください。

社 名 住 所
電話番号
代表者名
ホンダドリーム山梨 〒400-0043
甲府市国母6-3-13
055-226-3636
上杉 功
シクロサロン カワカミ 〒409-3843
中央市西花輪2752-2
055-273-6640
川上 久
(有)ミカサ商会 〒400-0043
甲府市国母1-23-4
055-222-9494
小野秀樹
スポーツショップ 西谷 〒405-0078
笛吹市一宮町東原31-1
0553-47-1476
西谷裕司
スズキスポーツ甲府 〒400-0042
甲府市高畑2-18-1
055-228-2819
西谷伸司
(有)カワサキショップ山梨 〒400-0116
甲斐市玉川308-2
055-260-6151
吉田英之
ユーショップ スキップ 〒400-0038
甲府市下鍛冶屋町942
055-243-8833
岡田 浩
バイクハウスオレンジ 〒400-0047
甲府市徳行5-12-22
055-228-1961
杉山康雄
サンワオート 〒401-0501
南都留郡山中湖村山中865-14
0555-62-3555
高村久忠
オートショップ シムラ 〒400-0815
甲府市国玉町1058-1
055-233-1754
志村正樹
小俣モータース 〒403-0006
富士吉田市新屋348
0555-22-4829
小俣友明
アメリカンズバイク 〒400-0827
甲府市蓬沢1047-1
055-233-8782
栗原知美

 

 
「4.警察照会(24時間)&二輪車盗難照会システム  山梨県軽自動車協会 グッドライダー・防犯登録あれこれ 

「救援バイク V・S やまなし」に関する情報を掲載するページや関係諸団体へのリンクです。

日本赤十字社
日本赤十字社 山梨県支部
日本赤十字社 山梨県支部広報2005(PDFファイル)
国土交通省 防災情報提供センター

 
 

Copyright(C)2004 Yamanashiken Kei Jidousha Kyokai. All rights reserved.